二人の一生の記念に【婚約指輪を手作りしよう】

カップル

由来や流行

カップル

満足できるものを

古代ローマでは、嫁いでくる女性の父親に、契約の証としての指輪が渡されていたのですが、これが結婚指輪の始まりとされています。その後結婚指輪は、嫁ぐ女性自身に渡されるようになり、さらに女性はこれを、左手の薬指につけるようになりました。左手の指輪を金属で包むことは、心臓を守ることにつながると考えられていたからです。こういった由来のある結婚指輪ですが、日本では戦後から徐々に普及していきました。当時は西洋文化がさかんに取り入れられていたため、西洋風の結婚式が流行し始め、それに伴って新郎新婦の両方が結婚指輪を身につけるようになっていったのです。港があり、古くから西洋文化の入り口となっていた横浜では、特にスムーズに普及しました。なおかつ高度経済成長期には、横浜には世界各国のジュエリーブランドが出店するようになりました。そのことから、デザインの洗練された美しい結婚指輪を求める多くの人が、購入のために横浜に足を運ぶようになったのです。現在でも横浜は、満足できる結婚指輪を購入しやすい地域として注目されています。様々なジュエリーブランドのショップがあるので、それぞれの結婚指輪を比較した上で購入できるからです。もちろん世界中に名の知れたジュエリーブランドですから、デザインだけでなく品質も良い結婚指輪が多く、さらにはサイズ直しなどのサービスも充実しています。その点も、満足できる買い物となる理由のひとつとされているのです。